千葉県には県内の伝統的工芸品を地場産業として育成するために「伝統的工芸品」の指定制度があります。指定基準は、製造の主要部分が手工業であること、伝統的な技術や技法により製造されていること、主な原材料が伝統的に使用されてきたものであること、概ね10年以上県内で製造されていること、となっています。ここで言う「工芸品」とは、一般的に美術的意匠と技巧によって美感を与えると同時に日常生活に役立つ品物、と定義されています。

柏市にはこの千葉県指定伝統的工芸品に指定されているお土産・名産が2種あります。指定番号106号の「ビーズ細工」と指定番号159号の「関東牛刀」です。

ビーズ細工は日本刺繍の技法を取り入れ、服飾用のドレスやセーター、ハンドバッグや財布などの小物類に華麗なビーズ刺繍を施すものです。関東牛刀は市内藤ヶ谷にある企業で、自社工房製の刃物全般を取り扱っています。

柏市のお土産菓子として喜ばれているのは、市内根戸の米菓「柏火山焼」、ひばりヶ丘の「柏の葉サブレ」、明原の「かぼちゃのパイ」などです。